地域連携・社会貢献

生涯学習講座等

令和3年度兵庫県立大学生涯学習講座等のご案内

兵庫県立大学の特色は、県下全域に様々な個性を持ったキャンパスが広がっていることです。東は自然・環境科学研究所のある三田市から、西はりま天文台がある佐用町まで、北は地域資源マネジメント研究科のある豊岡市から、南は緑環境景観マネジメント研究科がある淡路市まで、教育研究施設が所在しています。 兵庫県立大学では、これらの多彩な教育・研究資源を生かし、魅力ある公開講座を開講していますので、是非ご参加ください。
なお、新型コロナウイルスの感染拡大等の影響により、講座日程の変更、もしくは、中止になる場合があります。

公開講座

公開講座は年齢・職業を問わず、どなたでも参加できる講座となっています。お気軽にご参加ください。
▼ 公開講座を確認する

アカデミック・ツーリズム・プログラム

アカデミック・ツーリズム・プログラムでは、研究所の教員によるフィールドワークや施設見学などを行います。
▼ アカデミック・ツーリズム・プログラムを確認する

特別公開講座

特別公開講座は、播磨学研究所が行う連続講座です。播磨学研究所は姫路人間環境キャンパス内にあり、姫路・播磨の歴史文化研究と、情報発信を行っている研究所です。
▼ 特別公開講座を確認する

“知の創造”シリーズフォーラム

本学の研究活動の成果を広く公開
▼ “知の創造”シリーズフォーラムを確認する

令和3年度開講予定講座

公開講座
山陰海岸ジオパークと但馬:豊かな自然と人々のくらし
山陰海岸ジオパークや但馬地方の各地を巡り、土地の成り立ちとそれに関係する自然や文化を学びます。主に午前は屋内で講義や実験・観察、午後は地域の見どころを見学します。午前だけ、午後だけの参加も可能です。
山陰海岸ジオパークと但馬:豊かな自然と人々のくらし画像
日時:6月20日(日曜日)、7月4日(日曜日)、10月10日(日曜日)、11月7日(日曜日)、12月5日(日曜日)
※各日とも「午前の部」(10時30分~12時00分)、「午後の部」(13時00分~15時00分)※11月7日、12月5日 は午前のみ
開催場所:京丹後市(6月20日)、神戸市(7月4日)、新温泉町(10月10日)、鳥取市(11月7日)、豊岡市(12月5日)の各地
講師:地域資源マネジメント研究科 教授 川村 教一、講師 松原 典孝、 助教 佐野 恭平
受講料:各回、午前・午後それぞれ500円(野外の保険料含む) 中学生以下300円 
定員:各回10名程度(高校生以上、12月5日は小学生以上) 案内チラシ(7月4日) 終了しました
問い合わせ先:地域資源マネジメント研究科 TEL:0796-34-6079
  • キャンパス外
  • 京丹後市、神戸市、新温泉町、鳥取市、豊岡市
ものづくり産業と放射光分析の関わり
ほぼ光の速さまで加速された電子を強い磁石で曲げると強力なX線が出ます。放射光施設は、このX線を取り出し、そして利用する施設です。兵庫県は、SPring-8(スプリングエイト)、SACLA(サクラ)とNewSUBARU(ニュースバル)という3つもの放射光施設がある唯一の県です。本講座では、放射光がどのように使われているのかを、産業界との関わりを中心に概説します。
スマホセキュリティを考える学習ゲームを創る画像
日時:7月31日(土曜日) 10時30分~12時00分
開催場所:姫路工学キャンパス
講師:高度産業科学技術研究所 教授 鈴木 哲
受講料:1,000円
定員:50名 終了しました
問い合わせ先:高度産業科学技術研究科 TEL:0791-58-0249
人のからだ・いのちの不思議 ~赤ちゃんの看護を体験しよう~
人の“からだ”、“いのち”について、考えてみませんか?本講座では、人の“からだ”、“いのち”を看る看護師の仕事について紹介します。そして、生まれた時の“いのち”を感じながら、赤ちゃんの抱っこやオムツ交換などのお世話体験や、かけがえのない“いのち”を大切にするケアについて、一緒に考えていきます。
人のからだ・いのちの不思議 ~赤ちゃんの看護を体験しよう~-画像
日時:8月3日(火曜日) 13時30分~15時30分
開催場所:明石看護キャンパス
講師:看護学部 准教授 大村 佳代子、准教授 能町 しのぶ
受講料: 1,000円
定員: 15名
対象:小学校4年生~中学生、保護者同伴可 案内チラシ終了しました
問い合わせ先:明石看護キャンパス TEL:078-925-9404
ときめくサイエンス「電子の織りなす不思議・細胞の中の分子の不思議」
本講座では、物質科学、生命科学の最先端の話題を一つずつ取り上げます。「電子スピンと超伝導」では、電子が持つ磁気モーメントを担うスピンが、どのように揃うと電気抵抗がゼロとなる超伝導現象が起きるのか、そのメカニズムを量子力学の原理とともに平易に紹介します。「細胞の中のtRNAの変化を探る」では、tRNAという小さなリボ核酸の細胞の中での量や分布の調節を、酵母という小さな生物を使って調べる研究のお話をします。
山ときめくサイエンス「電子の織りなす不思議・細胞の中の分子の不思議」画像
日時:8月13日(金曜日) 10時00分~14時00分
開催場所:播磨理学キャンパス
講師:理学研究科 教授 吉久 徹、教授 坂井 徹
受講料: 3,000円
定員: 10名 終了しました
問い合わせ先:播磨理学キャンパス TEL:0791-58-0101
医療データサイエンスの実際
医療のデータ利活用が期待されていますが、実際にはどのようなシステムからどのようなデータを取得できるのかを理解する必要があります。また、普段の健康データ等を用いた新たな健康医療サービスも検討が進められており、本分野の現状および医療データサイエンス教育の現状と実際についてご紹介します。
img/005.jpg
日時:8月18日(水曜日) 12時30分~17時00分
開催場所:神戸情報科学キャンパス
講師:応用情報科学研究科 教授 竹村 匡正
受講料: 5,100円
定員: 20名(医療データサイエンスに興味のある方) 終了しました
問い合わせ先:神戸情報科学キャンパス TEL:078-303-1901
パンデミックと街のレジリエンス ―コミュニティ経済論からの提言―
コロナパンデミックにより急激な変化に見舞われた身近な街を、今後、私たちはどのようにまなざしていく必要があるでしょうか。奮闘する多才な人びとの希望の灯をかき消さないために、街のしなやかな強さを育む都市研究の最前線に迫りたいと思います。
img/9.jpg
日時:8月28日(土曜日) 13時30分~15時00分
講師:環境人間学部 准教授 杉山 武志
定員: 一般(20名)※オンライン開催になりました。終了しました
問い合わせ先:姫路環境人間キャンパス TEL:079-292-1515
AIによる文章解析の技術と応用
日本語や英語など人間が日常的に使う言語(自然言語)を扱うAI(人工知能)は,翻訳サイトやチャットボットなどとして次々と実用化され,身近になってきました。しかし、AIが人間と同じように文章を理解しているわけではありません。本講座では、AIによる文章解析技術の考え方を解説すると共に、研究の動向についても紹介します。
AIによる文章解析の技術と応用画像
日時:9月4日(土曜日) 13時00分~15時00分
講師:社会情報科学部 准教授 湯本 高行
定員: 20名※オンライン開催になりました。 終了しました
問い合わせ先:神戸商科キャンパス TEL:078-794-5184
バイオテクノロジーで庭の草花を増殖させよう
研究設備が整った施設だけではなく家庭でもバイオテクノロジーを活用できる時代になりました。本講座では、近年開発された植物組織培養キットを使用して植物の微細繁殖技術を修得していただきます。タネ取りや挿し木が難しく増殖を諦めていた草花や樹木、野菜などを増やすことができるようになるかもしれません。
img/10.jpg
開催場所:淡路緑景観キャンパス
講師:緑環境景観マネジメント研究科 准教授 札埜 高志
受講料: 1,000円
定員: 15名  案内チラシ
※延期になりました。延期日等は未定です。
問い合わせ先:淡路緑景観キャンパス TEL:0799-82-3131
現代インドの政治・経済・国際関係
インドは今世紀に入り経済成長の軌道にのったことで、新興市場としてにわかに世界の注目を集めるようになりました。実際のところ大都市には巨大ショッピングモールが次々とオープンするなど、街並みは大きく変貌、かつては路上で頻繁にみられた聖なる牛も姿を消しつつあります。その一方で、近年のヒンドゥ・ナショナリズムの高揚により、独立以来の国是「政教分離」は大きく揺いでいます。また外交面においても、大国化する中国の「一帯一路」や国境紛争への対応など、難しい局面にあるといってよいでしょう。本講座では過渡期にあるインドの経済・政治・国際関係について、講師の現地調査の経験を踏まえながら、解説していきます。
img/11.jpg
日時:10月2日(土曜日) 13時00分~14時30分
開催場所:神戸研究学園都市大学利用施設 UNITY
講師:政策科学研究所 教授 福味 敦
受講料: 500円
定員: 30名 案内チラシ
問い合わせ先:神戸商科キャンパス TEL:078-794-5184
〈ポストコロナ〉管理者ができる職場のメンタルヘルス支援
新型コロナウイルス感染症拡大などの健康危機下においては、職場のメンタルヘルスを良好に保つための日ごろからの取り組みが重要です。本講座では、管理者ができる職場のメンタルヘルス支援の方法を講義、ロールプレイ、リラクゼーション法の実践を通して学びます。
img/8.jpg
日時:10月16日(土曜日) 13時30分~17時30分
開催場所:地域ケア開発研究所 3階 演習室
講師:地域ケア開発研究所 教授 増野 園惠、教授 梅田 麻希、教授 林 知里 ほか
受講料: 4,000円
定員:30名(看護師・助産師・保健師・養護教諭等)
問い合わせ先:地域ケア開発研究所 TEL:078-925-9605
スポーツがひらく地域・ビジネスの可能性
スポーツには人を熱狂させたり、人と人をつないだりする特別な力があります。この講座では、「ソーシャル・キャピタル」という切り口で地域コミュニティのあり方や将来像を考察し、コミュニティのレジリエンス(耐久性)に地域スポーツクラブが果たす役割について実例を示しながら学びます。また、スポーツ用品のマーケティングを取り上げ消費者心理や行動を読み解きます。
img/8.jpg
日時:10月16日(土曜日) 13時00分~16時00分
開催場所:神戸商科キャンパス
講師:国際商経学部 准教授 和田 真理子、教授 伊藤克広、教授 松村浩貴
受講料:500円
定員:30名 案内チラシ
問い合わせ先:神戸商科キャンパス TEL:078-794-5184
振り回されずに生きやすくなる選択理論心理学入門
選択理論心理学は米国の精神科医ウィリアム・グラッサー(1925~2013)が提唱した「他者を振り回さず、他者や環境に振り回されずに生きれる心理学」です。私たちは一人一人、未来に向かって自分の幸せのために行動する責任があるとし、常に人間関係を改善したり、より自由に生きられる行動を選択できると説きます。講座ではこの普段着感覚の心理学をわかりやすくお話しします。
img/8.jpg
日時:10月30日(土曜日) 13時00分~15時00分
開催場所:神戸研究学園都市大学利用施設 UNITY(ユニティ)
講師:社会科学研究科 教授 澤田 正
受講料:1,500円
定員:30名 案内チラシ
問い合わせ先:神戸商科キャンパス TEL:078-794-5184
あなたの修士論文、眠らせないで論文投稿へ
修士論文には、事例や現象を深く掘り下げてたどり着いた知見が記されています。この情報は臨床実践において非常に価値があるものです。この講座では論文投稿の方法について解説するとともに、公表していない皆さんの修士論文が投稿できるように、演習を通して考えていきます。
img/8.jpg
日時:12月4日(土曜日) 10時00分~16時00分
開催場所:明石看護キャンパス 研究棟406
講師:看護学部 准教授 川田 美和 ほか
受講料:5,100円
定員:10名(修士課程修了者) 
問い合わせ先:明石看護キャンパス TEL:078-925-0860
減災・未来カフェ:地域防災活動の到達点と未来
災害時の共助の担い手として地域での防災活動が注目され、各地で活発な取組が進められる一方、高齢化などによるコミュニティの弱体化も心配されています。これまでの経験・教訓を踏まえて、未来の災害に向けて地域防災活動はいかにあるべきなのか、阪神・淡路大震災が発生した1月17日、サイエンス・カフェ形式で講師との対話を通して考えていきます。
img/8.jpg
日時:1月17日(月曜日) 9時30分~11時00分
開催場所:神戸防災キャンパス 大教室
講師:減災復興政策研究科 教授 室﨑 益輝、准教授 紅谷 昇平
受講料:大人500円、学生200円
定員:40名 
問い合わせ先:神戸防災キャンパス TEL:078-891-7376
アカデミック・ツーリズム・プログラム:公開講座ツアー
世界に誇る科学施設「SPring-8」と「西はりま天文台」の見学
SPring-8は、世界最高性能の放射光を生み出すことができる大型施設で、純粋な科学研究から産業に直結する研究まで、幅広く利用されています。また、西はりま天文台には、公開望遠鏡としては世界最大の「なゆた望遠鏡」があります。本ツアーでは、兵庫県が世界に誇る、これら2大科学施設を見学します。各施設の研究者による、分かり易い解説もあります!
img/8.jpg
日時:10月27日(水曜日) 8時30分~18時00分
開催場所:SPring-8、西はりま天文台
講師:(SPring-8)公益財団法人高輝度光科学研究センター 主席研究員 上杉 健太朗、(西はりま天文台)自然・環境科学研究所 天文科学センター 准教授 本田 敏志
受講料:5,100円
定員:30名(中学生以上) 案内チラシ 定員に達しましたので受付を終了いたします。
問い合わせ先:本部事務局地域貢献課 TEL:078-794-6653

▲TOPへ

特別公開講座
2021年播磨学特別講座「播磨の山城―その構造と激動のドラマ」
「お城の宝庫」といわれる播磨。姫路城や明石城などの近世城郭のほかに、上月城や三木城、長水城、白旗城など、戦国の面影を残す著名な山城も数多く存在します。本年の播磨学特別講座では、これら播磨の山城について、その独特の構造と、そこで展開された激動の歴史ドラマを10回の連続講座でたどります。
img/8.jpg
日時:6月5日(土曜日)、19日(土曜日)、7月17日(土曜日)、8月21日(土曜日)、9月4日(土曜日)、25日(土曜日)、10月2日(土曜日)、23日(土曜日)、11月20日(土曜日)、11月27日(土曜日)14時00分~15時45分
開催場所: 姫路市文化センター 小ホール
講師:歴史学者 渡邊 大門、元兵庫県立考古博物館 山上 雅弘、姫路市埋蔵文化財センター 多田 暢久 ほか
受講料: 10,000円(250ページ前後の講義録付き)
定員:250名
問い合わせ先:播磨理学研究所 TEL:079-296-1505

▲TOPへ

"知の創造"シリーズフォーラム:本学の研究活動の成果を広く公開
西はりま天文台開設30周年記念・第20回知の創造シリーズフォーラム「兵庫県立大学宇宙天文科学シンポジウム」
※再延期になりました。
定員:250名(先着申込順) 受講料:無料
  • キャンパス外
  • WEB開催

▲TOPへ

 

ピックアップコンテンツ


   
ページ先頭へ戻る