コースとプログラム

 国際商経学部の教育は、3つのコースの5つのプログラムで構成されます。いずれのプログラムでも、経済学と経営学の両方の基礎を学びます。経済学コースと経営学コースの入試は一括で行い、各コースへの配属は2年の後期からです。金融ファイナンスプログラムと社会イノベーションプログラムは、経済学と経営学の両方の専門科目を学ぶのが特徴です。グローバルビジネスコースは、入学時からすべての科目を英語で学ぶため、定員と入試が他コースとは別で、入学時から独立しています。

<経済学コース>

経済理論・政策プログラム

 経済について理解するための経済理論と経済の歴史、社会経済をよりよくするための政策について学びます。
 主な専門応用科目として、ゲーム理論、行動経済学、日本経済論、公共経済学、労働経済学、社会保障政策論、開発経済学、環境経済学、都市経済学があります。
 このプログラムを修了すると、学士号(経済学)が授与されます。

金融ファイナンスプログラム【経済学と経営学の融合領域】

 会社が事業をするのに必要なお金をどう調達するか、お金を調達する金融市場がどのように動いているのか。これらを経済学と経営学で学びます。
 専門応用科目として、金融工学論、金融政策論、国際金融論、証券論、銀行論、企業金融論、保険論、リスクマネジメント論、投資戦略論があります。
 このプログラムを修了すると、学士号(経済学)が授与されます。

<経営学コース>

マネジメントプログラム

 企業などの組織が、よりよい成果を達成できるように、「ヒト、モノ、カネ、情報」の「チカラ」を最大限に引き出し、組織を管理・運営する方法について学びます。
 主な専門応用科目として、ものづくり経営学、イノベーション論、組織行動論、ビジネスモデル論、会社法、財務情報分析論、監査制度論があります。
 このプログラムを修了すると、学士号(経営学)が授与されます。

社会イノベーションプログラム【経済学と経営学の融合領域】

 目まぐるしく変化する現代社会に対応し、地域社会において組織の改革や価値の創造に貢献できる力を、経済学と経営学で培います。
 主な専門応用科目として、ソーシャル・ビジネス論、地域経営論、コミュニティ・ビジネス論、公共マネジメント論、地域資源論があります。
 このプログラムを修了すると、学士号(経営学)が授与されます。

<グローバルビジネスコース>

グローバルビジネスプログラム

 経済学・経営学の専門科目を含め、すべての講義やゼミを英語で学びます。専門科目を教える外国人教員がいます。また、1年から2年にかけて、日本社会に関する科目や特別の英語科目を選択することができます。
 1年時に国際学生寮に入寮して留学生と共に生活します。5週間の海外語学実習と海外研修などを行います。これらによって、知識や技能だけでなく、豊かな国際感覚を身に着けます。
 このプログラムを修了すると、学士号(経済学)が授与されます。

2019年度 GBC海外語学研修レポート