就職・進学-After Graduation-

トップページ > キャンパスライフ > 就職・進学

就職

就職活動とは、自分のこれからの人生を「どのように生きるか」「どのような人生でありたいか」等、自分の生き方を考えながら、大きな岐路での選択を具体化する活動です。「自分が本当にやりたいこと」に気づくには、自分自身を知る(自己分析)ことが重要です。
一人ひとりの学生が、将来への目的意識を明確に持つため、1年次から基礎ゼミナールなどの授業を通じて、専門分野への関心を高めるとともに、職業観を養い、卒業後の職業に対する動機付けを行います。さらに、学部カリキュラムの中で、自分の個性を理解した上で主体的に進路を選択できるような能力・態度を育成する教育を行います。

兵庫県立大学神戸商科キャンパスでは、神戸商科大学から築いてきた伝統と実績を継承し、学生の就職活動支援を行っています。就職ガイダンスやマナー研修等を開催するほか、教職員やOB、アドバイザー等との個別相談の実施により、就職のための実践的なノウハウが得られるようサポートしています。


神戸商科キャンパスキャリアセンターについては、兵庫県立大学本部のWebサイト(こちら)をご覧ください。
卒業後の進路情報については、兵庫県立大学本部のWebサイト(こちら)に掲載されています。

大学院進学

兵庫県立大学大学院社会科学研究科

大学院は、学部で学んだことの専門性を高める場です。博士前期課程・修士課程・専門職学位課程は2年、博士後期課程は3年です。博士前期課程等を修了すれば修士となります。博士後期課程を修了し、博士論文審査に合格すれば、博士の学位が授与されます。国際商経学部で経済学、経営学、グローバルビジネスを学んだ皆さんが進学する場として、社会科学研究科があります。
2021年4月に、大学院「経済学研究科」、「経営学研究科」、「会計研究科」、「経営研究科」が再編・統合され、新たに大学院社会科学研究科が開設されました。社会科学研究科は、経済学専攻、経営学専攻、グローバルビジネス専攻、会計専門職専攻、経営専門職専攻の5専攻で構成されます。

国際商経学部の早期卒業

通常、大学院は、学部を4年で卒業してから進学しますが、国際商経学部では、大学院社会科学研究科と連携した5年一貫教育を実施します。優秀な学生は3年次終了時点で学部を早期卒業し、大学院へ進学することが可能です。早期卒業に必要な要件と手続きについては、『履修の手引』を参照してください。(「国際商経学部早期卒業に関する規程」は2021年3月に改正され、その改正は2019年4月にさかのぼって適用されています。したがって、2020年4月以前に入学した学生は最新の『履修の手引』を参照する必要があります。)
国際商経学部の学生は、推薦選抜で大学院社会科学研究科に進学することが可能です。

大学院社会科学研究科の授業科目の早期履修

また、大学院社会科学研究科に進学を希望する場合、社会科学研究科の科目を学部のうちに早期履修し、所定の成績でそれを修めれば、大学院社会科学研究科に進学した際に、所定の手続きを経て、それを既修得単位として認めることもできます。そうすれば、大学院に進学してから、より多くの時間を研究のために使うことができます。
早期履修可能な科目は、下記のように専攻ごとに決まっています。(経営専門職専攻は、早期履修を認めておりません。)

専攻 上限
単位数
対象科目(アンダーラインは必修科目)
経済学専攻 12 ミクロ経済学
研究基礎
マクロ経済学
研究基礎
計量経済学
研究基礎
国際経済学
研究基礎
経済数学
研究基礎
ミクロ
経済学研究
マクロ
経済学研究
経営学専攻 12 経営学
研究基礎
会計学
研究基礎
マーケティング研究基礎 経営戦略研究 地域マネジメント研究 中小企業研究 スポーツマネジメント研究 法学研究
GB専攻 12 Management Marketing Micro-economics Macro-economics Global Business Japanese Business Accounting
会計専門職専攻 12 簿記Ⅰ 財務会計 管理会計Ⅰ 原価計算Ⅰ 監査概論 公会計概論 租税法Ⅰ 企業法概論

早期履修について詳しくは、『履修の手引』に掲載されている「国際商経学部大学院授業科目の早期履修に関する規程」を参照してください。



進学説明会

年に複数回、進学説明会を開催しています。関心のある方はぜひ参加してください。

 
  • 兵庫県立大学
  • 社会科学研究科
  • インスタグラム
  • 神戸商科学術情報館
  • Youtube

〒651-2197 神戸市西区学園西町8-2-1
TEL : 078-794-6179 (神戸商科キャンパス 学務課)

交通アクセス

(C)School of Economics and Management, University of Hyogo. All rights reserved.