教育上の目的等

1. 育成する人材像

 国際商経学部は、兵庫県立大学として掲げる育成する人材像を、経済学や経営学を教育研究する場で実現する。ちなわち、本学部は、豊かな人間性と公共の精神とともに、幅広い教養や経済学や経営学の知識を含めた課題探究能力とグローバル・リテラシーを備えた、兵庫県をはじめとする地域や国際社会で活躍できる創造力と自律性を有する人材の育成をめざす。
また、プログラムごとの育成する人材像は下記のとおりとする。

経済学コース:学士(経済学)
経済理論・政策プログラム

 経済学の理論、政策、歴史といった専門知識を備え、新しい時代に活躍できる創造力と自律性を有する人材

金融ファイナンスプログラム

 金融・ファイナンスの専門知識を備え、激しい経済変化に対応できる創造力と自律性を有する人材

経営学コース:学士(経営学)
マネジメントプログラム

 経営学や会計学の専門知識を備え、新時代の事業創造、経営戦略、会計管理ができる創造力と自律性を有する人材

社会イノベーションプログラム

 経済学、経営学等の専門知識を備え、地域社会を変革するための新機軸を打ち出す創造力と自律性を有する人材

グローバルビジネスコース:学士(経済学)
グローバルビジネスプログラム

 様々な国際地域の文化・社会・歴史について理解し、経済学や経営学の知識を備え、国際的課題に対応できる創造力と自律性、および高度なコミュニケーション力を有する人材

2. 教育上の目的

 本学部は、グローバル化やイノベーションが進む中で、社会の変化への対応、及び社会の変化を生み出していくことができる主体性と倫理性を持ち、経済学と経営学を基盤に学際的な知識を修得し、問題解決能力、分析力、コミュニケーション能力を身につけ、地域社会に貢献できる有為な人材の育成を教育上の目的とする。

3. 修得しておくべき能力と学位授与の方針(ディプロマポリシー)

 兵庫県立大学のディプロマポリシーにもとづき、国際商経学部は下記の能力を身につけた学生に学位を授与する。

  • ・本学部で提供される経済学、経営学、及びそれに関連する領域に関する専門知識を有し、それを活用して分析する能力を身につけている。
  • ・多様化しグローバル化する社会において個性を発揮し、豊かな社会の実現に貢献するための的確なコミュニケーション能力(外国語能力を含む)を身につけている。
  • ・専攻する学問領域の知見をもとに、現実の社会における事態に関して的確な考察や論理的で合理的な意思決定をし、社会の問題を解決する能力を身につけている。
  • ・社会や地域の担い手としての自覚を持ち、高い職業倫理のもとで専門的知識を生かして責任ある行動をとることができる。

4. 教育課程の編成方針(カリキュラムポリシー)

 兵庫県立大学のカリキュラムポリシーにもとづき、国際商経学部は下記の方針に則り、カリキュラムを編成する。

  • ・1年次から専門教育の基礎となる科目を配置し、専門共通教育科目として履修できるようにする。
  • ・1年次から4年次まで、学年に応じた少人数のゼミナールを配置し、学生が主体的に学ぶよう支援をおこなう。
  • ・学際的な視点を持つことを支援するために1年次終了後にコース選択を行い、2年次後期以降は学習する意欲や関心及び成績に応じてコースを選択し、全学で共通する教養科目に加えて、高い専門性を修得可能にする。
  • ・学部全体で共通に履修する1年次の専門共通科目に始まり、次に専門科目のうちの専門コア科目を履修し、専門知識を高めた後で、より専門性の高い科目を履修する。
  • ・グローバルビジネスコースを設け、全ての科目を英語で履修し、卒業できるようにする。
  • ・英語によるコミュニケーション能力を高めるために、海外研修や英語での授業に参加できるようにする。
  • ・早期卒業制度を設け、専門職大学院や研究大学院との連携を深めて高度専門職業人としてのキャリア構築を支援する。