兵庫県立大学 社会科学研究科

社会科学研究科はこちら

経営学専攻の教育

教育方法

博士前期課程では、経営学とその関連分野における研究能力又は高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を身につけるために必要な授業科目を、当該分野の基礎的な知識と技能、研究方法論を修得するための「共通科目」、高度な知識と技能を修得するための「主専攻科目」、学位論文を作成できるように研究指導を行う「研究演習科目」に分けて配置することにより、卓越した能力を養うことを可能にします。

博士後期課程では、経営学について研究者として自立して研究活動を行うことができる、又はその他の高度に専門的な業務に従事するために必要な研究能力を身につけるために必要な授業科目を、経営学の最先端の知識と技能を修得するための「専攻科目」、修得した専門知識と技能を社会に還元できるようにするために教育に関する実践的な知識を修得する機会を提供する「教育実践科目」、学位論文を作成できるように研究指導を行う「研究演習科目」に分けて配置することにより、世界に通用する能力を養うことを可能にします。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成の方針)

博士前期課程

経営学とその関連分野における研究能力又は高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を身につけることを可能にするために、第1に、充実したコースワークから研究指導へ有機的につなげるために、授業科目を「共通科目」、「主専攻科目」及び「研究演習科目」に区分します。第2に、「共通科目」は、経営学分野の基礎科目からなる「主専攻基礎科目」(必修科目及び選択科目)、経済学分野の基礎科目からなる「他専攻基礎科目」(選択科目)、研究倫理及び研究方法論からなる「研究支援科目」(必修科目及び選択科目)に区分し、学生が研究課題に合わせて履修できるように、それぞれ複数の授業科目を配置します。第3に、「主専攻科目」(必修科目及び選択科目)には、経営学の高度な知識と技能を修得できる授業科目を配置します。第4に、「研究演習科目」(必修科目)では、学位論文を作成できるように、学生の研究課題に合わせて研究指導を行います。

博士後期課程

経営学について研究者として自立して研究活動を行うことができる、又はその他の高度に専門的な業務に従事するために必要な研究能力を身につけることを可能にするために、第1に、充実したコースワークから研究指導へ有機的につなげるために、授業科目を「専攻科目」、「教育実践科目」及び「研究演習科目」に区分します。第2に、「専攻科目」(選択科目)には、経営学の最先端の知識と技能を修得できる授業科目を配置します。第3に、「教育実践科目」(必修科目)では、修得した専門知識と技能を社会に還元できるようにするために、教育に関する実践的な知識を修得する機会を提供します。第4に、「研究演習科目」(必修科目)では、学位論文を作成できるように、学生の研究課題に合わせて研究指導を行います。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

経営学とその関連分野の専門知識と技能を修得した上で、学術的に意義のある課題を発見し、理論的枠組みを用いて論理的に分析する能力を有し、修得した専門知識と技能を社会に還元できる者に、修士(経営学)の学位を授与します。

博士後期課程

経営学の体系的な専門知識と高度な技能を修得した上で、学術的に意義があり、かつ新規性のある課題を発見し、新しい理論的枠組みを用いて論理的に分析する能力を有し、修得した専門知識と技能を社会に還元できる者に、博士(経営学)の学位を授与します。

科目一覧と修了要件

科目一覧と修了要件はこちら

履修の手引

履修の手引

シラバス

シラバスはこちら

研究指導スケジュール

研究指導スケジュールはこちら

学位論文の審査基準

学位論文の審査は、研究科の教員のうちから3名以上の審査委員を選定し(必要があると認めるときは、他大学院等の教員を審査委員に加えます)、修士論文については提出者の在学期間中に、博士論文については受理した日から1年以内に、課程ごとの学位論文審査基準に基づいて厳格に審査を行います。そして、研究科教授会において合否の決定を行い、博士の学位を授与したときは、学位を授与した日から3か月以内に、その学位論文の内容の要旨及び学位論文の審査の結果の要旨を公表するとともに、学位を授与された日から1年以内にその学位論文をインターネットの利用により公表します。

学位論文の審査基準はこちら

長期履修制度

標準授業年数より長く履修せざるを得ない方の授業料負担を軽減するため、長期履修制度が設けられています。
詳しくはこちらをご覧ください。