カリキュラム全体像

全学共通科目

 1年時に学ぶ全学共通科目は、兵庫県立大学の全ての学部生にとって必要とされる幅広い視野を養うとともに、豊かな人間性の涵養と課題探求能力の向上、国際的なコミュニケーション能力の養成を目的とする教育で、大きくは「グローバル・コミュニケーション科目」「教養科目」「他専攻科目」に分かれます。詳しくは、こちらをご覧ください。
 グローバルビジネスコースでは、全学共通科目もすべて英語で行われます。

国際商経学部科目

 国際商経学部では、経済学と経営学を入門的レベルから専門的・応用的レベルまで、段階的に学びます。科目には,皆が学ばなければならない必修科目、限られた範囲で選択可能な選択必修科目、そして選択科目があります。

 経済学コースと経営学コースでは、以下のような体系になっています。
 1年前期 専門共通教育科目 経済学コースと経営学コースで共通して学ぶ必修科目と、選択必修科目があります。
 1年後期と2年前期 専門コア科目 経済学コースと経営学コースで共通して学ぶ必修科目と、コースごとの選択必修科目があります。
 2年後期以降 専門応用科目 プログラムごとの選択科目があります。

 グローバルビジネスコースも同様な体系ですが、4月入学の学生と9月入学の外国人留学生とでは、履修する科目とスケジュールが異なります。4月入学の学生の場合、次のようになります。
 1年春学期 4月から6月上旬まで、全学共通科目と専門共通教育科目のなかから、基礎ゼミ(Basic Seminar)と英語科目等を集中的に勉強します。その後、海外語学実習(Overseas Language Program)に出かけます。海外語学実習は必修です。
 1年秋学期 専門共通教育科目 専門コア科目
 2年春学期 専門コア科目
 2年秋学期以降 専門応用科目

 プログラムによっては、他のプログラムや他のコースの科目から必要な単位数を修得することが必要な場合があります。経済学コースと経営学コースの学生は、一定の範囲で、グローバルビジネスコースの科目の単位を修得することができます。

ゼミ

 講義とは別に,ゼミが1年から4年まであります。詳しくはこちらをご覧ください。

 卒業のためには、必要な単位を必要数修得する必要があります。単位の修得には、科目ごとにさまざまな条件があり、4年間かけて計画的に履修しなければなりません。詳しくは、入学後に配布される『履修の手引き』や、入学後に開催されるオリエンテーションで説明します。

副専攻科目

 本学は、主専攻(所属学部の専攻)以外にも学びの機会を拡げる、副専攻プログラムを提供しています。副専攻として、地域創生人材教育プログラム、グローバルリーダー教育プログラム、防災リーダー教育プログラムがあります。地域創生人材教育プログラムでは、地域社会と協働して取り組めるリーダーとして必要な能力を習得します。グローバルリーダー教育プログラムは、実践的な英語コミュニケーション能力を身につけ、国際社会で主体的な役割を担う人材育成を目指します。防災リーダー教育プログラムでは防災・減災に関する知識・行動力を習得します。これらの副専攻プログラムを履修するには、申請・登録が必要です。また、必要な単位を取得すれば、主専攻の卒業証書に加え、副専攻プログラムの修了証が授与されます。

 また、神戸研究学園都市大学交流推進協議会(大学共同利用施設 UNITY)や、大学コンソーシアムひょうご神戸の単位互換制度にも参加していて,一定範囲で,近隣大学の講義を受講することができます。