研究科紹介

会計研究科の概要

(1)設置者

兵庫県

(2)目的

会計研究科は会計研究科規程第3条において、その目的を次のように明らかにしています。

(研究科における教育研究上の目的)
第3条 本研究科は、監査業務や税務業務などの担い手、企業など民間部門における専門的な実務の担い手、自治体など政府・非営利部門における専門的な実務の担い手として、高い資質・職業倫理・専門的能力に加えて、幅広い見識・思考能力・判断能力・国際的視野・指導力など高度で専門的な職業能力を有する会計専門職業人の育成を目的とする。

(3)三つのポリシー

会計研究科は、上記の目的を達成するため、教育に係るポリシー(方針)を次のように明らかにしています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)
会計研究科は、監査業務や税務業務などの担い手、企業など民間部門における専門的な実務の担い手、自治体など政府・非営利部門における専門的な実務の担い手としての会計専門職業人を目指す者を受け入れるため、広く社会的・職業的自立に必要な論理的思考力・表現力に加えて、会計をはじめ会計専門職業人に必要とされる分野において学士課程で修得されるべき基礎的知識・技能を身につけており、また、より高度な知識・技能を自ら修得しようとする意欲を持つ者を選抜するべく入学試験を実施します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)
会計研究科は、監査業務や税務業務などの担い手、企業など民間部門における専門的な実務の担い手、自治体など政府・非営利部門における専門的な実務の担い手としての会計専門職業人に必要とされる専門的知識・技能に加えて、グローバルな視野を含む幅広い見識や職業倫理に根ざした健全な判断力、そして、既存の知識・技能を鵜呑みにせず、その意味を理解しようとする姿勢を身につけるために必要な授業科目を、学士課程レベルの知識・技能を確認するとともに会計専門職業人に必要とされる基礎的知識・技能を修得するための「基本科目」、より高度な専門的知識・技能を修得するための「発展科目」、ケーススタディなどを通じて最先端の専門的知識・技能を修得するための「応用・実践科目」に分けて配置することによって、理論と実務の架橋を実現します。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
会計研究科は、監査業務や税務業務などの担い手、企業など民間部門における専門的な実務の担い手、自治体など政府・非営利部門における専門的な実務の担い手としての会計専門職業人に必要とされる専門的知識・技能に加えて、幅広い見識や職業倫理に根ざした健全な判断力、将来にわたり広く社会のニーズに応えようとする使命感を身につけている者に、会計修士(専門職)の学位を授与します。

(4)教育上の基本組織

研究科・専攻名称 大学院会計研究科会計専門職専攻
Graduate School of Accountancy
Department of Professional Accountancy
学位の名称 会計修士(専門職)
Master of Professional Accountancy
開設年度 2007年度
入学定員 40名
収容定員 80名
標準修了年限 2年
修了要件単位数 48単位以上

(5)所在地

兵庫県神戸市西区学園西町8丁目2-1

兵庫県立大学会計研究科規程

会計研究科規程

会計研究科履修規程

会計研究科教職課程科目履修規程

会計研究科学外研修(インターンシップ)規程

研究科紹介

© Copyright, Graduate School of Accountancy, University of Hyogo. All rights reserved.