MENU

兵庫県立大学 看護学部・研究科兵庫県立大学 看護学部・研究科

大学院

看護学専攻 博士後期課程(博士)

教育理念

博士後期課程においては、高度な研究能力およびその基盤となる豊かな学識を養い、日本国内外の看護学の分野において、広い視野のもとに自立して看護学を研究できる人材の育成、特に創造性豊かで高度な研究能力を有する人材の育成を目的としています。

本研究科は、教育理念に基づき、以下のような人を求めます。

アドミッションポリシー(求める学生像)

①広い視野で看護の課題を探求していこうという姿勢がある人
②積極的、創造的に対応し、看護学の発展に寄与する意欲のある人

カリキュラムポリシー

各領域において自立して研究できる人を養成することを目的としています。
科目は、看護学共通科目、専門分野別科目、博士論文支援科目で編成されています。
①看護学共通科目では、看護現象の理論化を図り研究の基盤を固めるために、理論看護学、研究法を履修します。
②専門分野別科目ではそれぞれの専門領域ごとに特論科目2単位、演習科目4単位を履修します。
③博士論文支援科目として、英語論文の書き方、研究計画書ディベロップメントⅠ・Ⅱを設置し、博士論文の精度の向上に役立てる科目を履修します。

ディプローマポリシー

高度な研究能力及びその基盤となる豊かな学識を養い、国内外の看護学の分野において、広い視野のもとに自立して看護学を追求できる人材の養成を目的としています。下記の能力を身に付けた者に博士(看護学)の学位を授与します。
①卓越した研究ならびに学習成果を上げ、広く学際的視点から各専門領域での看護学の構築に寄与できる能力を有する
②専門領域において指導性を有し、俯瞰的、独創的事業や研究・指導ができる能力を有する