MENU

兵庫県立大学 看護学部・研究科兵庫県立大学 看護学部・研究科

大学院

看護学専攻 博士前期課程(修士)

教育理念

広い視野にたった看護学の精深な学問を授け、高度な専門性を有する看護の実践能力や研究者としての基礎能力を養い、国内はもとより外国において活躍しうる人材の育成を目的としています。専門看護師をはじめ、看護管理や政策および看護教育の領域での高度な専門職業人を育成します。

3つのポリシー

本研究科は、教育理念に基づき、各専攻の特性に沿って、以下のような人を求めます。

アドミッションポリシー(求める学生像)

①看護学の基礎的な能力を有する人
②倫理的感受性をもって保健・医療・福祉の状況を捉え、柔軟に行動できる人
③論理的思考をもって看護学の知識を自ら学んでいくことができる人
④国内外において、看護学や看護実践の発展に寄与する意欲のある人

カリキュラムポリシー

高度実践看護コース

対象の特性に応じて健康問題を分析、評価する力、高度実践を実現するための臨床現場での実習、必要な看護方法を開発するための臨床研究の能力、専門看護師に求められる能力や臨床における看護の役割の拡大を考慮できる力の獲得ができるよう科目を配置しています。

研究コース

看護現象を焦点化できる力の育成、調査・研究を倫理的に立案・計画・実施する能力の獲得ができるよう科目を配置しています。

次世代看護リーダーコース

さまざまな臨床現場で遭遇する看護の組織的課題を解決するための5つの能力(状況分析評価力、戦略的組織構成力、組織的行動力、人材開発育成力、看護を創造発展させる力)を獲得するために、ヘルスケア領域における組織や戦略的計画、人材開発育成に関する科目を配置しています。また組織が実際に抱える課題を解決するプロジェクトの経過・遂行を支援します。

ディプローマポリシー(修了時に獲得すべき能力)

臨床現場における看護実践の改革者および研究者の養成をめざします。
①高い倫理観を基盤とした看護の高度な実践能力や研究者としての基礎能力
②リーダーシップと調整力を発揮し、事態への対処と問題解決が行える能力