MENU

兵庫県立大学 看護学部・研究科兵庫県立大学 看護学部・研究科

看護学部

看護学部からのメッセージ

ケアをもってケアの専門家を育てる

兵庫県立大学看護学部は、「ケアをする人はケアを持って育てるべし」という初代看護大学学長南裕子先生の教育方針を大切にしながら教育を行っています。豊かな人間性を形成し、生命の尊厳を守る人になるためには、学生自身が尊重され、勇気づけられ、自律的に学び実践することでその力を発揮していく体験をすることが重要です。教員たちは、学生の気づきを大切に根気よく話を聞き対話しながら一緒に看護を考えています。学生も患者さんの話を丁寧に聞き、実習病院の指導者たちも根気よく学生の考えを聞いてくださいますので、患者さんを中心とした看護ケアをどのように展開していくか、学生、臨床指導者、教員が一緒になって考え実現しています。 卒業生は広い分野で活躍しています。専門看護師として看護の専門性を探求している人、教員として教育分野で活躍している人、看護サービスを提供する企業を立ち上げた人、その活躍の場は無限に広がっています。人には、はかりしれない力があります。この学びの環境を最大限に活用して、自ら思考し、発言し、行動する力をつけていきましょう。


坂下 玲子
(Sakashita Reiko)
兵庫県立大学看護学部部長