MENU

兵庫県立大学 看護学部・研究科兵庫県立大学 看護学部・研究科

学内関係者向け情報

教員向けセミナー

1.FD(Faculty Development)セミナー

本学では、教育内容・方法等をはじめとする研修を大学全体として組織的に検討する機会を年1回企画し、大学教員向けのFDセミナーを開催しています。具体的な取り組みとしては、大学教員が授業内容や方法を改善し向上させるための組織的な取組み、教育システムの開発(カリキュラム、授業評価などのしくみをつくること)、医療職人材を育成するうえでの課題に対する改善策の検討などです。

FDセミナーの開催状況

開催年度 テーマ 参加者数
(学外者含む)
平成30年度 看護職のメンタルヘルスにおける行動科学アプローチ 55名
平成29年度 基礎ゼミ実施状況および評価をふまえた初年次教育の課題と展望 50名
平成28年度 学士教育課程における初年次教育の意義 50名
平成27度 教員のための『教える技術』 51名
平成26年度 一貫性のあるカリキュラム策定のための方策
1部: 3つのポリシーに基づく内部質保証システムの構築
2部:シラバスの到達目標の書き方(ワークショップ)
1部55名
2部49名

2.実習教育セミナー

実習教育セミナーの目的は、各領域における実習の実際や学生の教育効果・課題を共有するとともに、それぞれの実習指導に活かせる事項を教員相互に学びあうことである。
セミナーの内容は、各教員からの要望と実習環境を踏まえて実習指導を行うなかで検討が必要な問題・課題をもとに決定しています。下記に過去5年度の実習教育セミナーに関するテーマを示しました。セミナーでは、目的に沿ったグループを編成しディスカッションを中心に行い、学生の実習指導の新たな考え方や視点を広げています。

実習教育セミナーの開催状況

開催年度 テーマ 参加者数
平成30年度 実習における倫理教育を考える 47名
平成29年度 いかに看護実践能力を育むのか 44名
平成28年度 学生の創造性を育む看護技術教育とは 44名
平成27年度 新カリキュラムにおける学生の実習での学びと実習指導教員の役割 40名
平成26年度 新カリキュラム学生の3年間の学びの蓄積と4年次統合看護実習変更点について 44名
平成25年度 ①本学における技術教育について
②看護技術自己学習ノートについて
39名
35名

3.人権啓発研修会

本学では、学生、教職員及びその他すべての本学構成員が個人として尊重され、快適な教育研究環境及び労働環境のもとで修学または就労できるよう、大学全体としてその状況を検討する機会を年1回企画し、大学教職員向けのセミナーを開催しています。
具体的には、大学教職員同士および学生に対して、相手の人格や人権を尊重した関わりができるよう、テーマに応じた講師を招いて研修を行い、大学教職員の自己啓発に努めています。

人権啓発研修会

開催年度 テーマ 参加者数
令和元年度 ハラスメントとアサーティブ
-自分も相手も尊重するコミュニケーション-
81名
平成30年度 発達障害の特性を持つ学生への対応
-全ての学生の教育を受ける権利を守るために-
71名
平成29年度 発達障害の特性をもつ学生の理解と支援
-青年期の特徴と心理的な問題-
71名
平成28年度 スマホ時代の大学教員が知っておきたい人権諸課題 80名
平成27年度 非開催
平成26年度 こども達の命と向き合った天平人の真意 74名
平成25年度 お互いを尊重しあう職場環境とは何か? 71名