MENU

兵庫県立大学 看護学部・研究科兵庫県立大学 看護学部・研究科

新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染症への対応について

NEW TOPICS

  • 現在,本学の『新型コロナウイルスに係る兵庫県立大学行動指針(BCP)』レベルは「0.5」です。
    健康管理と感染対策には引き続きの留意をお願いします。

    学外者の入構については,教育・研究・運営上必要な場合に限って入構可能となります。授業につきましては原則対面で実施していますが,一部オンラインで実施するものもあります。これらの詳細については,下記の各項目およびユニバーサル・パスポートに掲載される時間割を参照してください。

在学生の皆さんへ

1.大学構内への立ち入りについて(6月10日更新)
必要な感染防止対策を講じたうえで、入構可能となります。名簿の記入は不要ですが、入構の際は、学生証を身につけ、館内においては、マスク着用、こまめな手指等消毒、マスクを外した状態での会話の禁止等、感染防止対策の徹底を図ってください。また、発熱、全身倦怠感等の体調不良の場合のほか、新型コロナウイルス感染が疑われるような場合は、キャンパス内への入構はできません。

2.授業について(6月10日更新)
必要な感染防止対策を講じたうえで原則全ての授業を対面で実施していきます。時間割をしっかりと確認し、ユニバーサル・パスポートの情報、担当教員からの連絡もこまめに確認してください。

教育上の配慮について
明石看護キャンパスでは、令和3年度に引き続き,対面授業実施に係る教育上の配慮を行っております。
詳細は下記「令和4年度前期、明石看護キャンパスでの 講義における対面授業実施に係る教育上の配慮における手順〈PDF〉」を確認し、配慮が必要な学生は、「【令和4年度前期授業における対面授業科目のオンライン受講等申請書〈PDF〉」を記入し申請してください。

・令和4年度前期、明石看護キャンパスでの 講義における対面授業実施に係る教育上の配慮における手順〈PDF〉 ・令和4年度前期授業における対面授業科目のオンライン受講等申請書〈PDF〉 授業の対応について
・基本的に対面授業とし、コロナ以前の対応に戻していきます。下記事案については,単位認定等に不利益が生じることのないよう弾力的に対処します。

<新型コロナウイルス感染症に関する取り扱いについて>
以下の①~④のいずれかに該当する場合,欠席の扱いにはなりません。まずは学務課に報告してください。授業担当教員には学務課から連絡が入ります。必要時,学務課から連絡を受けた授業担当教員から今後の対応について連絡があります。連絡当日の対応は困難な場合もありますのでご了承ください。

①感染が判明した場合
②濃厚接触者となった場合
③感染が疑われる場合(下記『4.体調不良及び罹患疑いがある場合について』に該当する場合)
④同居する家族が感染者または濃厚接触者,感染疑いとなった場合


<ワクチン接種にかかる取り扱いについて>
ワクチン接種および副反応に伴いやむを得ず登校・出勤できない場合,欠席の扱いにはなりません。この場合,学務課への連絡は不要です。 担当教員にのみ連絡をしてください(ただし非常勤講師の場合は学務課に連絡)。必要時,学務課から連絡を受けた授業担当教員から今後の対応について連絡があります。 連絡当日の対応は困難な場合もありますのでご了承ください。

講義を受ける際の注意
・講義・演習で指示が出た場合をのぞき,教室の机・椅子の配置,及びレイアウトの変更をしないこと。特に昼食時のレイアウト変更は禁止です。

3.感染拡大予防行動について(9月30日更新)
  • ・大学構内ではマスク・手洗い・アルコール消毒等基本的な感染対策に努めてください。特に食事時は注意が必要です。カフェテリアでの飲食については、レイアウトを変更しないことに加え、友達との貴重な楽しい時間だとは思いますが、おしゃべりは食事が終わってマスクをつけてからにして下さい。
  • ・公共交通機関利用時は大声で話さないなど、感染対策としてはもちろんのこと、社会人としての配慮ある行動に努めてください。
4.体調不良及び罹患疑いがある場合について(4月22日更新)
講義、演習、実習の有無に関わらず、「健康状態チェック表・コロナ対応版〈PDF〉」に基づき毎日、健康チェックを行って下さい。
その結果、以下のいずれかの症状が出た場合は、必ず登校を自粛し、学務課の連絡が必要となります。

  • ①発熱等の風邪症状が見られる
  • ②全身倦怠感又は息苦しさがある
  • ③嗅覚又は味覚に異常を感じる
  • ④激しく咳が出る
  • ⑤同居する家族又は密閉された空間(車内、居酒屋、カラオケ店、スポーツジム等)で一定時間接触した者に①~④の症状が出ている
  • ⑥⑤の対象者がPCR検査又は抗原検査を受検予定、もしくは結果待ちである、又は検査の結果陽性であったが、濃厚接触者に該当するかは判明していない
  • ⑦自分自身がPCR検査を受検した、又は受検したが検査結果が出ていない
【連絡先】学務課・横井さん(078-925-9404)但し、平日の9時~17時30分
*土日祝日、夜間(17時30分~翌朝9時)の専用携帯電話は廃止になりました。
健康状態チェック表・コロナ対応版〈PDF〉
5.課外活動について(6月10日更新)
 大学の行動指針レベルが「0.5」に見直され,課外活動は必要な感染防止対策を講じた上で,「課外活動の承認に関するガイドライン」の遵守を条件に実施可能となりました。また,主催団体が適切なガイドラインを示した公式戦については,参加が認められます。 *文化系クラブについては,学外からの講演・活動依頼や展示発表等が該当します。 活動を再開するクラブ・サークルについては,「課外活動の承認に関するガイドライン(令和4年6月8日以降)」を熟読したのち「課外活動実施計画書」を記載し,顧問の先生に直筆のサインをもらってから学務課に提出してください。また,課外活動を実施した日には,保安入口学舎側・手指消毒液設置台横のボックスにある「活動報告書」に必要事項を記載し,用紙を提出してください。 課外活動の承認に関するガイドラインおよび課外活動実施計画書【令和4年6月8日以降)】〈Word〉
6.就職活動・インターンシップについて(8月3日更新)
インターンシップや病院見学会に参加し実際を見ることは、就活において重要なことでもありますが、COVID-19感染者が急増しておりますので十分に感染予防対策を講じて参加するようにしてください。インターンシップに参加する場合は必ず「インターンシップ参加届〈Word〉」を学務課に提出してください。またCOVID-19の影響で就職が変則的となり、いろいろ迷うことがありましたら遠慮せずクラス担任もしくは就職担当教員までご相談ください。 インターンシップ参加届〈Word〉
7.学術情報館からのお知らせ(9月30日更新)

緊急事態宣言発出に伴い自宅学習・研究支援サービスとして実施しておりました所蔵図書の郵送貸出および文献複写の郵送サービスは、オンライン受講が認められている方を除き終了いたします。但し事情のある方はご相談ください。その他新型コロナウイルス感染症への対応については、こちらをご覧ください。
※学術情報館の利用について

8.保健室からのお知らせ

4.体調不良及び罹患疑いがある場合についてに該当するような症状がある場合には速やかに報告をしてください。また、新型コロナウイルスに関する情報が多数流れていますが、デマや不確かな情報に振り回されないよう情報の真偽を確かめてから行動するようにしましょう。保健室では感染対策に留意しながら対面でのカウンセリングを実施しています。またWEBでのカウンセリングも対応できます。気軽にご利用下さい。

9.新型コロナウイルス感染症の影響等に対応した兵庫県立大学の学生支援について

新型コロナウイルス感染症の影響等に対応した兵庫県立大学の学生支援について

10.その他

看護学部の新型コロナウイルス感染症流行早期からの取り組み紹介

1.講義・演習・実習への取り組み

2020年度5月の統合看護実習はオンライン実習の形態となりましたが,卒業生や修了生に模擬事例の看護師役,患者体験談,専門領域に関する質疑等の面で協力を得ながら,可能な限り臨床現場を想起できるような体験になるよう,実施しました。その後のCHC実習や生涯広域健康看護実習,クリニカル看護実習では,事前取材を豊富に組み込んだり,地域や患者会等の方に大学に来ていただき,オンラインで学生と交流をもっていただく機会を設けたりしながら,地域の諸機関や実習病院の受け入れ状況に応じて, 臨地実習・オンライン実習・学内実習を組み合わせながら実施してきました。
また各演習では分散登校で密を回避しながら,換気を十分に行いフェイスシールド等で感染対策をしながら看護技術の獲得に努めました。
講義については,2020年度前期はオンデマンドではなく,ほぼ100%Zoomによるリアルタイムでのオンライン講義を継続してまいりました。2020年度後期からは原則登校とし,座席間隔を確保するため教室を分け,半分の学生は別教室または自宅で配信中の講義を受けるなど,形態を工夫して行っています。これからも安全な環境での学びと充実した学生生活の両側面から学生を支援していきたいと考えています。

2.学内イベントの開催方法の工夫

2020年度は,年度初めから様々なイベントが中止を余儀なくされましたが,そのような中でも感染対策を徹底し,開催方法を変更して行ったイベントもありました。

〈2020年度新入生オリエンテーション:2020年7月30日に実施〉
7月30日に,初めて新入生全員を大学にお迎えすることができました。講堂で学生生活に関する様々な説明を受けた後,安藤忠雄建築の校内を小グループに分けて回り,これから4年間たくさんの教科書や実習着等が押し込まれるであろうロッカーを確認したり,オンラインでしか会ったことのない友達と感染予防に留意しながら束の間の交流を楽しみました。



〈2020年度看護学部オープンキャンパス:2020年8月29・30日に実施〉
今年のオープンキャンパスはコロナ禍の影響により,来場型ではなくオンラインで行いました。看護学部のホームページ上では工藤学部長による看護学部紹介,撫養入試委員長による入試に関する説明,高見学生部長による学生生活についての解説など看護学部を紹介するための動画を現在も掲載しています。また,8月29・30日にはZoomを用いたオンライン相談会を開催し,申し込みをいただいた方からの質問に他対する回答を行い,個別相談会も開催しました。


3.学生会活動の工夫

兵庫県立大学看護学部には,「学生会」という,学生が主体となり管理運営している組織があり,学部内の様々なイベントの開催等で活躍しています。本年度はこのような状況の中,通常の活動を継続することは困難でしたが,様々な工夫をしながら,以下のような取り組みを行ってくれました。

取り組み内容
  • ・履修方法等,大学で先輩に相談できない新入生に対しTwitterで質問を受け付け回答した。
  • ・Webexのテスト配信の時間を借りTwitterで多かった質問とその場で出た質問に回答した。
  • ・Googleフォームで新入生から募集した質問をスライドにまとめZoomで回答した。
  • ・学生総会をZoomにて実施した。委任状の回収はユニバーサルパスポートを活用した。
  • ・Twitter等を活用して学生会の宣伝を実施した。また,学生会活動についての説明を行い,学生会の一回生同士の交流をはかるために,会長,次期会長と学生会の一回生でオンライン交流会を行った。
学生会からのコメント

コロナの影響で,今まで通りの学生会活動やイベントが実施されず,戸惑いもありましたが,主にオンラインやTwitterなどを利用した活動を行い,臨機応変に対応してきました。現在は,様々なイベントをオンラインで開催できるよう計画中です。例年通りではないですが,安全でかつ学生が楽しめるように,工夫をしながら計画,実施を行っています。

4.学内委員会による取り組み

5.その他新型コロナウイルス感染症に関する取り組みについては以下をご参照下さい