MENU

兵庫県立大学 看護学部・研究科兵庫県立大学 看護学部・研究科

大学院

教育理念

研究科の理念

本研究科は、人間の尊厳を基盤とし、保健医療福祉をとりまく環境の変化に斬新、創造的かつ先駆的に対応できる専門知識と技術をもった人材を育成し、 実践と研究をとおして看護学の発展に寄与することを理念としています。

修士課程(博士前期課程)

修士課程においては、広い視野にたった看護学の精深な学問を授け、 高度な専門性を有する看護の実践能力や研究者としての基礎能力を養い、国内はもとより外国において活躍しうる人材の育成を目的としています。 専門看護師をはじめ、看護管理や政策および看護教育の領域での高度な専門職業人を育成します。

特徴

  • 高度な専門的知識と援助技術の開発
  • 高度な政策的・管理的能力の開発
  • 国際的看護貢献能力の開発
  • 学術的研究の推進
  • 学際的な視野を育む高等教育科目の配置

博士課程(博士後期課程)

博士後期課程においては、高度な研究能力およびその基礎となる豊かな学識を養い、 日本国内外の看護学の分野において、広い視野のもとに自立して看護学を研究できる人材の育成、 特に創造性豊かで高度な研究能力を有する人材の育成を目的としています。

特徴

  • 実践的研究者の育成
  • 生涯にわたる健康上の課題に関する看護研究の開発(生涯健康看護分野)
  • 看護基礎領域の研究の開発(看護基礎科学分野)
  • 看護を取り巻く環境や地域、組織管理などについての看護研究の開発(広域健康看護分野)
  • 災害看護学の構築(広域健康看護分野)
  • 研究者としての基盤と学際的な視野を考慮した共通科目の配置

共同災害看護学専攻一貫制博士課程

共同災害看護学専攻一貫制博士課程においては、人間の安全保障を共通理念とし、参画する大学院がそれぞれ蓄積してきた資源を共有し、日本や世界で求められている災害看護に関する多くの課題に的確に対応・解決し、学際的・国際的指導力を発揮し、人々の健康社会構築と安全・安心・自立に寄与するグローバルリーダーを養成することを目的としています。

特徴

本課程は、設置主体の異なる5つの大学(兵庫県立大学、高知県立大学、東京医科歯科大学、千葉大学、日本赤十字看護大学)が共同で設置しており、それぞれの強みを生かしつつ、5大学に所属する教員が共同で災害看護学に関する教育を行うことで知識等の範囲を拡大することができます。